categories

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

archives

[PR]

とまらない教員の飲酒事件:でも、不可解な点が?警察にもモラルの低下?

0
    週末、金曜日の夕方。福井のニュースは「またかぁ〜」という空気に包まれました。
    日刊スポーツの記事はこちら
    福井県教育委員会は16日、酒気帯び運転をしたとして県立嶺南東養護学校の小堂真昭教諭(55)を停職6カ月にしたと発表した。同教諭は同日依願退職した。

    教員の飲酒です。ここ1年、福井だけではないのかもしれませんが、教員の飲酒というのが立て続けにおこっています。つかまる確立が低いことを考えると、潜在的にはもっと沢山いるような気がします。これだけ騒がれても、モラルは低いまま。ちょっと悲しくなります。

    ところが、今回の記事には不可解な点があります。引用は日刊スポーツですが、地元紙にも同じような記載。下記をよく読んでみてください。
    県教委などによると、同教諭は2日夜、同県小浜市内のスナックで飲酒時に居合わせた客とトラブルになり、代行運転で小浜署に行き相談。3日未明、同署からの帰宅時に自分で運転し、同署から追尾してきたパトカーに約1キロ先で酒気帯び運転を摘発された。

    同署では「酔っていたので帰りも代行運転を使うよう注意して帰した。携帯で代行運転を呼ぶと思い警察官が見守っていたところ、いきなり発車してしまったので、パトカーで追い掛けた」としている。

    上記をよく読むと、もともとは飲み屋でのトラブルで警察に出頭。そのときは代行をつかったとか。その後、警察での取調べが終わって、警察から帰るときに、そのまま自分の車に乗り込んで運転を始めた。それを見た警察が飲酒で逮捕。

    素朴な疑問は、どうして警察は乗って運転する前に止めてあげなかったのかということ。これを読んでいてそう思ったのは自分だけではないはずです。これ以上深く推測はしませんが、教員も教員ですが、警察も警察。

    全てがビジネスライクになり、社会のつながり、いわゆる「ソーシャルキャピタル」がなくなってきているような気がしています。世の中なぜか暗い雰囲気なのはそういうことなのでしょうか。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック